SISU | 中国・アラブ改革発展研究センター 上海外大に設立 アラブ諸国政府職員研修クラス開講香港赛马会论坛

マスコミ対応

SISU News Center, Office of Communications and Public Affairs

Tel : +86 (21) 3537 2378

Email : news@logistics-smu.net

Address :550 Dalian Road (W), Shanghai 200083, China

中国・アラブ改革発展研究センター 上海外大に設立 アラブ諸国政府職員研修クラス開講


25 April 2017 | By X.M. | SISU

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

中国外交部と教育部及び上海市人民政府が共同主催し、上海外大が運営を務めた中国アラブ改革発展研究センターは420日午前、上海外大の松江キャンパスで看板除幕式が行われ、正式に発足した。

外交部銭洪山部長補佐、上海市人民政府宗明副秘書長、上海外国語大学姜鋒書記、曹徳明学長が式典で看板除幕を行った。ほかに、国と上海市の政府関係者、アラブ諸国の在中国大使、上海国際問題研究院の専門家たちも式典に出席した。

銭洪山部長補佐はあいさつで、中阿交流の重要性を改めて強調し、同センターを上海外大に設立するのは最適だと述べた。宗明副秘書長も各関係者に感謝するとともに、今後センター運営を支持する意思と期待を表明した。アラブ側の来賓を代表して、アラブ諸国在中国使節委員会議長、アブドゥッラー・サアディ オマン在中国大使もあいさつをした。それを受け、本学曹徳明学長は同センターの中阿交流を促す役割などを紹介し、中央政府、上海市政府とアラブ諸国政府の積極的な取り組みに応えるように努力する意気込みを示した。

除幕式の後、第一期アラブ諸国政府職員研修クラスの開講式も開かれた。サウジアラビア、ヨルダン、エジプト、アラブ首長国連邦、カタール、レバノン、アルジェリア、スーダン、コモロ、ジブチ、パレスチナ、リビア、イエメン、バーレーン、ソマリアなど17か国から、24名の政府職員が受講者として参加した。

十日間にわたる研修期間中、趙啓正、楊福昌、楊潔勉など7人の専門家たちが研修生に学術報告をするほか、研修生らがより深く中国の経済建設と社会発展を理解できるように、中国の政治、経済、歴史に関する議題をめぐって五つの視察活動も予定されている。

近年、中国が提唱した「一帯一路」戦略は国際社会から好評を得て、アラブ諸国も各自の発展計画を打ち出し、中国との間に「123」という連携枠組みが形成されつつある。

20161月に習近平国家主席がアラブ連盟本部で行った講演の中で、中国・アラブ諸国発展改革研究センターの設立を宣言した。今回、同センターが上海外大で除幕成立したのは、まさにその訪問成果の実現であり、中国・アラブ諸国が国政運営と経済発展の面において交流が促進されることが期待されている。

「一帯一路」戦略の推進に伴い、中国の特色ある大国外交の新情勢にいかに貢献するかは中国高等教育と学界が直面する新たなチャンスと課題となっている。上海外大は同センターの運営実行側として、常に、国際的視野を持ち、専門領域に活躍できる多言語人材の育成により、中国の人文外交に貢献することを目標にしている。

外交部ホームページ、中央テレビアラビア語チャンネル、新華社通信、解放日報など、多くの全国と地元メディアがこの成立式典を報道した。

(原稿:袁雨馨、王喆、張翔、田益、李雨潔)

共有:

マスコミ対応

SISU News Center, Office of Communications and Public Affairs

Tel : +86 (21) 3537 2378

Email : news@logistics-smu.net

Address :550 Dalian Road (W), Shanghai 200083, China